とある隠者の日々ぶろぐ ワンピース第576話【ネタバレ注意】 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワンピース第576話【ネタバレ注意】 感想

第576話「大海賊エドワード・ニューゲート」

以下ネタバレ含むので注意

LEVEL6の囚人たちはやっぱりサンファン・ウルフ、バスコ・ショット、カタリーナ・デボンで間違いなかったね。

加えてヒゲ生やした奴が「悪政王 アバロ・ピサロ」

「懐かしいシャバだニャー…」

とか言ってるあたり、なんだかネコっぽい・・・。目もなんとなく猫目だし。

正義の門を開けたのはラフィットの仕業だったのね。
個人的には、黒ひげ海賊団のなかで一番奇妙に感じるのがこのラフィット。

本部に忍び込むわ、羽はついてるわ、催眠は使えるわ・・・。

羽と催眠は能力に関係してるのかな。
でも能力じゃなくて羽がついてるというと、空島出身としか今のところ考えが及ばない気が。
それに催眠もなんだかラフィットなら標準で使えそう・・・w

マリージョアに忍び込んだときはやはり羽を使って空から侵入したのだろうか?
まだまだ謎だね。

謎といえば黒ひげだよ。
やっぱり黒ひげ弱くね?

ていうか黒ひげの体力設定おかしくね?ww

巨人族の中将一撃で仕留めたときとほぼ同じ攻撃を受けて意識すらあるってどゆこと~(・3・)?

ストーリー上しょうがないとはいえ、このあたりのバランスのおかしさが最近顕著に表れてる気が(==;)

それにしても白ひげへの反撃の仕方の多くがただの銃での攻撃ってちょっとダサいよね( ̄▽ ̄;)

確か尾田っちの話だとここら辺がストーリー全体の折り返し地点らしいけど、本当にあと半分もあるのだろうか・・・?w

白ひげによると「ワンピースは実在する」ようだけど、この実在っていうのはつまり実体としてあるっていうことでいいのかな?
となるとなんだろう?
ひとつなぎの大秘宝のひとつなぎがひっかかるよね。

ひとつなぎ・・・ポーネグリフも全て揃えればひとつなぎになる気が。
となると、空白の100年だとかそういうことに関係したもの?
碑文かなにかか?
よくわかんね( ̄▽ ̄;)

でも最終的にはまた世界政府が相手になるみたいね。
そのときには五老星も出てくるのかな。
っていうか

センゴク弱くね?w

こいつより三大将の方がよっぽど働いてるだろww
いやまぁセンゴクは海軍の頭脳だろうし、身体能力もかなりのものなんだろうけど、いかんせんあのうごくせきぞうのような能力と事あるごとにうろたえるあたり、とても海軍トップには見えない・・・( ̄ー ̄;)

そして・・・あぁ・・・白ひげが死んでしまった・・・。
頭半分失うとかもうわけわかめ。

中身出たりしないの?
あんことかカレーが中から出てk(ry
「白ひげ!新しい顔y(ry」

白ひげ海賊団は一体どうなるのやら・・・。
実力的にはマルコなんだろうが、なんだか頭ってガラでもない気がする。

となるとエース復活・・・か・・・?
あれ?エースの遺体どうしたっけ?

コマ割りが多すぎてワンピに関しては忘れがちになるww

白ひげ死んでこの戦争もあと1、2話だろうから来週が気になるぜー。

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
よろしければクリックお願いします><

テーマ : ONEPIECE
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

はみと

Author:はみと
アニメマンガゲーム好きなただの学生ですよ。
近々「就職活動」という戦線に立つために徴兵されます;;

【このブログについて】
基本的に日記混じりで書いていきます。
ゲームやイベントの感想を日記混じりで書く他、アニメやマンガの感想も書いていきます。

【趣味】
アニメ、マンガ、ゲーム、声優、パソコンとかデジタルな機器全般、フットサル、写真

【好きな二次元的作品】
デジモン関連全て
涼宮ハルヒの憂鬱
セキレイ
ルミナスアーク
クイーンズブレイド
アガレスト戦記
超次元ゲイム ネプテューヌ
アイシールド21
ONE PIECE
メルヘヴン
とある科学の超電磁砲
ジョジョの奇妙な冒険
ドラゴンボール
北斗の拳

基本的に広く浅くです(知識共々)。
悪く言えば一つに特化しない中途半端ですorz
PCは自作er、カメラは一眼持ち。と書くと見栄えはいいですが、どちらも初心者同然。
そんな感じな人間( ̄▽ ̄)

Twitterやってます!
Follow Me...

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
はみとのつぶやき
カウンター
ブログ内検索
おすすめアニメ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。